ブラジルのコルデル文学 x マルチメディア現代能

ステージ 無料
ブラジルのコルデル文学 x マルチメディア現代能
1/4
ブラジルのコルデル文学 x マルチメディア現代能
2/4
Processed with VSCO with c1 preset
ブラジルのコルデル文学 x マルチメディア現代能
3/4
ブラジルのコルデル文学 x マルチメディア現代能
4/4

タイムアウトレビュー

オリンピック・パラリンピック前回大会の開催国ブラジルと、来年の開催国日本をつなぐ「From Rio to Tokyo」の一環として、ブラジルの民衆詩で無形文化財のコルデル文学を題材とした現代能『地獄の門を叩く男』の公演が、パナソニックセンター東京で行われる。

原作はジョゼ・パシェコの『ランピオンの地獄訪問』。19世紀から20世紀にかけて実在した匪賊(ひぞく)ランピオンをモチーフに、彼が地獄に落ちるも、その非道さゆえにサタンに拒まれるというユーモアと深遠さを備えた作品だ。見どころはランピオンと悪魔との格闘シーンで、ブラジルの打楽器の生演奏とともに、空手家とカポエリスタの格闘家の迫力ある共演が楽しめる。

幻想的なコルデル文学の世界観を表現した、伝統的かつ新しい能を体感してほしい。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://nohxbrazil.peatix.com/

ユーザー評価

0 comments