オールウェイズ・カミングホーム

ステージ, 公営&国営劇場
オールウェイズ・カミングホーム

タイムアウトレビュー

ポーランド気鋭の演出家マグダ・シュペフトの新作が、フェスティバル/トーキョー19のプログラムとして東京芸術劇場シアターイーストで11月8日(金曜日)から世界初演。

原案は、アーシュラ・K・ル=グウィン作の『オールウェイズ・カミングホーム』。2万年後の北カリフォルニアを舞台にした人類の末裔(まつえい)を民俗学的に考察しながら、未来のユートピアについて考えさせてくれる。

日本とポーランド両国のスタッフが、演劇やダンスなど多様なジャンルと手法で組み立てた本作は、観客にどのような「ユートピア」を体験させるのだろうか。ポーランドやル=グウィンに関心のある向きには見逃せない公演だ。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://culture.pl/jp/event/always-coming-home-at-festivaltokyo
イベントの電話番号 03-5961-5202

ユーザー評価

LiveReviews|0
1 person listening