3 Love It
保存する

東京、サンドイッチ10選

西日暮里、代官山、雑司ヶ谷などで味わう手軽なグルメ

Text by 河辺さや香、美濃羽佐智子

サンドイッチは、オムレツサンド、フルーツサンド、ビフカツサンドと過去に何度も特集しているが、今回は満を持して「ザ サンドイッチ」を紹介したい。片手で食べられる気軽さで、欧米におけるおにぎりのような存在のサンドイッチ。コンビニでも買えるメニューだからこそ、たまにはこだわって上質なものを食べてシンプルで奥深いサンドイッチの世界を体験してほしい。ここでは、人気ブーランジェリーのプロデュースする店舗から、ボリュームたっぷりの喫茶店メニューまでバラエティー豊かに紹介する。たまにはテイクアウトしたサンドイッチをもって公園でランチ、というのも悪くないだろう。

西日暮里 ポポー

西日暮里のテイクアウトサンドイッチ専門店。小さなショーケースには、驚くほど具だくさんのサンドイッチがズラリ。カニカマのサラダに卵をあわせた『カニサラダ』や甘めの味付けの『ポテトサラダ』など、どれもやさしい手作りの味わいで、価格は高いものでも290円。パンをそっと手ではさみ、大きな口を開けて具がこぼれ落ちないように食べるのがポイントだ。美味しくボリューム満点、しかも安いのだから人気があるのは当然だが、すぐに品薄になってしまうので開店直後か、昼前を狙って訪れよう。

詳細情報
西日暮里

日本橋 赤トンボ

1950年、サンドウィッチパーラーとして銀座に誕生した西洋料理店赤トンボ。店は営業を終了してしまったが、歴史あるその味はデパ地下で買うことができる。『野菜』から、『ローストビーフ』まで手のひらサイズの美しい「サンドウヰッチ」は全12種類。『ミックス(ローストビーフ・野菜・ハム・エッグ)』は4種類が味わえる人気商品。フカフカのパンとソースがしみたヒレカツがマッチした『ポークヒレカツ・野菜』は、伝統と懐かしさを味わえる逸品だ。

詳細情報
日本橋

銀座一丁目 セントル ザ ベーカリー

人気のパン屋『ヴィロン』が手掛けた食パン専門店。併設のラ カンティーヌ セントルでは、10時から17時の時間をセントル ザ ベーカリーとしてオープンし、計14種類のサンドイッチを提供している。食パンは、山形のイギリス食パン、国産小麦の角食パン、北米産小麦の角食パンの3種類から具材に応じて選択。1.5㎝幅に切りカリッと焼き上げた山形のイギリス食パンを使用した『クラブサンドイッチ』(1,944円)など、サンドイッチ好きならぜひ試してほしい究極のサンドイッチだ。

詳細情報
銀座

東銀座 アメリカン

ここのサンドイッチは、とにかく大きいことで有名。大人の男性でも食べきれない人がいるほどボリューミーなのに不思議と飽きないのは、とにかく具材がシンプルなこと、そしてクッションのようにフカフカなパンの食感、この2つに尽きるだろう。『サンドイッチセット』は、10種類のサンドとトーストの計11種類から選べ、セットのサラダ、コーンスープまで、全てがたっぷり。粗刻みされた茹で卵がふんだんに入った「タマゴサンド」は、マヨネーズ控えめでやさしい味わいだ。

詳細情報
東銀座

中目黒 シャポードパイユ

パリのサンドイッチ『カスクルート』が人気のサンドイッチ専門店。発酵に15時間かけて作るというバゲットは中に挟む具材との相性を考慮し、薄めの皮でモッチリとした食感。一番人気の『自家製ハムとアボカド・トマト』は、ハムの美味しさとアボカドとトマトの酸味が絶妙にマッチした爽やかな味わい。素材はできるかぎり自家製にこだわることでシンプルで素朴な美味しさを引き出している。パンの焼き上げは1日1回のみ、売り切れ次第閉店なので、電話での確認がおすすめだ。

詳細情報
中目黒

代官山 キングジョージ

2013年夏にオープンしたサンドイッチ バー。おしゃれな店内はどことなく男性的な潔い雰囲気で、サンドイッチのボリュームも一見するとなかなかのビッグサイズ。『ザ・キング・ジョージ』は、何層にも折り重ねられたふわふわのスモークターキーとプロボローネチーズ、野菜がライ麦パンに挟まれたもの。たっぷりのレタスとスモークターキーが織りなす空気感と、パンのサクサクした食感をしばらく堪能していると、いつの間にか全部食べ終えている……。

詳細情報
代官山

表参道 M&T

2013年夏にオープンした、小さなサンドイッチ専門店。テイクアウトの他、店内でも食べることができる。『チキンシーザーサンドイッチ』は、しっとりやわらかい薄切りの鶏むね肉にオリジナルのシーザードレッシングがからまり、そこに爽やかなハーブの風味がプラスされたやみつきになる味わい。バケットの固さもちょうどよく食べやすい。男性オーナーが手作りしているだけあってボリュームもあり、値段、量、味のバランス、立地を総合すると、かなりの満足度だ。

詳細情報
渋谷

原宿 レフェクトワール

菊池武雄が京都の人気ベーカリー『ル・プチメック』の美味しいパンに出会ったのがきかっけとなり、タケオキクチビルにオープンしたサンドイッチ専門店。『プチモッツァレラ・プチトマト・バジルテーストのカスクルート』は、歯切れの良いバゲットを使用したフランス風のサンドイッチ。彩も美しく並んだトマトとモッツァレラのヘルシーな味わいが魅力だ。テイクアウトも可能だが、できれば皿の上に美しく盛り付けられたサンドイッチを洗練された空間と一緒に楽しみたい。

詳細情報
原宿

雑司ヶ谷 あぶくり

あぶくりのサンドイッチに使用される、ほど良くトーストされたモチモチの食パンは、スタンダードなものだが、具材はちょっと他では食べられないメニュー揃い。『フムス(ひよこ豆のペースト)とクリームチーズサンドイッチ』は、ミントの香りとレモンが効いたひよこ豆に、ドライトマトの旨味とクリームチーズのコク、それらを爽やかなバジルとハーブが繋ぐような絶妙なバランス。トーストからふわっと香るバターが、全体をまろやかにまとめあげている。

詳細情報
目白

江古田 パーラー江古田

決してアクセスが良いと言えない場所ながら、パンの美味しさで客足が絶えない人気店。それぞれのパンの詳しい特徴が書かれたメニューからパンを選び、3種類の中から具材を選択する。『チキンとまいたけのオーブン焼き』は、具材の旨味を最大限に引き出す絶妙な塩加減に感動すると同時に、噛みしめるほどにパンの風味を味わうことができる本格的な食事プレート。3種類の中から2種類の具材を一緒に挟んでくれる『W(ドッピオ)』もある。

詳細情報
江古田

コメント

0 comments