つきのひかり

  • アート
  1. つきのひかり
    つきのひかり
  2. 『共に生きる』(2011年発表)東日本大震災復興
    『共に生きる』(2011年発表)東日本大震災復興
  3. 金澤翔子
    金澤翔子
広告

タイムアウトレビュー

書家、金澤翔子の個展が森アーツセンターギャラリーで開催される。彼女の集大成として、そして新たな地点として行われる、過去最大規模の展覧会だ。

5歳から書を始めた金澤は、全国の有名な神社仏閣での席上揮毫(きごう)を行い、20歳での初個展を機に国内外問わず各地で作品を発表してきた。ローマ教皇庁へ大作『祈』の寄贈や、『東京2020オリンピックパラリンピック公式アートポスター制作アーティストに就任するなど、活動は多岐にわたる。

本展では、筆を持って30年、初の個展から15年という節目に、代表作の『風神雷神』『共に生きる』などの大作から書き下ろしの新作までを一挙に展示。彼女の力強く生命力にあふれる作品の数々に、魅了されるだろう。

詳細

住所
問い合わせ
k-shoko.org/
広告
関連情報