ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」

  • アート
  1. 歌川国貞「渡辺ノ綱 坂田金時 平井保昌 源頼光」文化12年(1815)頃 William Sturgis Bigelow Collection(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
    「渡辺ノ綱 坂田金時 平井保昌 源頼光」 歌川国貞 文化12年(1815)頃 William Sturgis Bigelow Collection(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
  2. ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
    「茨鬼 戻橋綱逢変化」 歌川国貞 文化12年(1815)頃 Bequest of Maxim Karolik(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
  3. ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
    ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
  4. ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
    「土蜘蛛退治図鐔 銘 松涛軒吾竹貞勝」 明治時代(19世紀) Charles Goddard Weld Collection(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
  5. 「橋弁慶図鐔」 江戸時代(19世紀)William Sturgis Bigelow Collection(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
    「橋弁慶図鐔」 江戸時代(19世紀)William Sturgis Bigelow Collection(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
  6. ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
    「太刀 銘 三条吉則作」室町時代(15世紀)William Sturgis Bigelow Collection(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
  7. 「金梨子地家紋散糸巻太刀拵」江戸時代(17世紀)Charles Goddard Weld Collection(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
    「金梨子地家紋散糸巻太刀拵」江戸時代(17世紀)Charles Goddard Weld Collection(画像提供:森アーツセンターギャラリー)
広告

タイムアウトレビュー

世界最高水準の日本美術コレクションを所蔵するボストン美術館。その中から日本初出展となる武者絵118点、武者絵と共通のイメージを持つ刀剣の鐔(つば)27点、半世紀ぶりに里帰りした名刀20口を展示する。

見どころは江戸時代に庶民の人気を博した武者絵だ。国芳や国貞など有名浮世絵師が描いた武勇伝に登場するヒーローたちを、時代に沿って紹介する。彼らをより身近に感じることができるだろう。

刀剣の世界的コレクターとして知られるウォルター・エイムズ・コンプトンの寄贈品をはじめ、ボストン美術館厳選の刀剣20口も見逃せない。日本最古の名工といわれる安綱の銘の太刀など、国内所蔵品も特別出品される。

武者絵、鐔、刀剣が織り成すヒーローたちの世界に浸り、彼らの活躍に思いをはせてみては。

※開館時間は10〜20時(火曜は17時まで)/入場は閉館の30分前まで/公式イベントページはこちら

詳細

イベントのウェブサイト
heroes.exhn.jp/top.html
住所
広告
関連情報