Take Ninagawa

アート 東麻布
Take Ninagawa
1/2
Take Ninagawa
2/2
Photo: Installation view of 'Shinro Ohtake 1975-1989' at Takeninagawa, Tokyo, 2019. Photo by Kei Okano. ©Shinro Ohtake, courtesy of Takeninagawa, Tokyo.

タイムアウトレビュー

ニューヨークでキュレーションをしていた蜷川敦子が2007年12月、麻布十番に開廊した。いわゆる“ポスト清澄白河世代”のコンテンポラリーアートギャラリーのひとつ。現代美術の旗手である大竹伸朗をはじめ、田尾創樹や河井美咲、須藤由希子、松村有輝など若手の作家も所属している。海外のアートシーンにも積極的に取り組んでおり、デール・バーニングのような作家が所属していたり、マイアミ、香港、フランスなどのアートフェアにも出展している。そのため国内外の風通しがよく、日本に居ながらにして良質な世界の若いアートを体験できるという数少ない場所である。ギャラリーからは東京タワーがそびえ立つように見え、まさに“TOKYO”といった趣。付近の白金方面へと、アート散策に足を伸ばすのもよい。


関連記事

六本木、定番アートギャラリーリスト

掲載日

詳細

住所 東京都港区東麻布2-12-4 信永ビル1階
東京

アクセス 都営大江戸線・東京メトロ南北線『麻布十番』駅(出口6)徒歩6分
問い合わせ

ユーザー評価

関連情報
    最新ニュース