switch point

アート 国分寺

2001年に国分寺にオープンした、グラフィックデザイナーのオーナーが運営するギャラリー。空間プロデュースは大阪の『graf』が手掛けており、同社のコンセプトである「space as a device 空間は装置になる」を実践している。これまでに紹介した作家は冨井大裕、利部志穂、土屋貴哉など。小作品集の刊行なども手掛けており、要所要所にオーナーのセンスが生きているギャラリーである。

掲載日

ヴェニュー名 switch point
問い合わせ
住所 東京都国分寺市本町4-12-4
東京

アクセス JR『国分寺』駅(北口)徒歩5分
Static map showing venue location
LiveReviews|0
1 person listening