隅田川怒涛 春会期

アート
隅田川怒涛
1/5
隅田川怒涛
隅田川怒涛
2/5
浜離宮アンビエント
隅田川怒涛
3/5
葛飾北斎《冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見》島根県立美術館蔵
隅田川怒涛
4/5
いとうせいこう
隅田川怒涛
5/5
エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~

タイムアウトレビュー

隅田川を一つの舞台として見立てて展開する音楽、アートプロジェクト『隅田川怒涛』の春会期がオンラインで開催。 

このプロジェクトは、東京五輪が開催される東京を文化の面から盛り上げるべく、新たな企画アイデアを一般から募集、選定した13の企画から構成されるTokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13』の一つで、春と夏に分かれて配信予定。

春会期は2021年522日(土)、23日(日)の2日間。22日には浜離宮アンビエント』、23日には『ことばの渡し』と『エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~』を予定している。

『浜離宮アンビエント』は、蓮沼執太率いるオーケストラである蓮沼執太フィルによる、和歌をテーマとした新作の野外コンサート上演。『ことばの渡し』では前半にカニエ・ナハや宮尾節子らがワークショップを配信、後半はいとうせいこう、田中象雨らが共演する。『エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~』は和田永+Nicos Orchest-Labが登場、ワークショップやバンドパフォーマンスを披露する予定だ。

プログラムは公式YouTubeチャンネルから視聴でき、事前申し込みは不要。ただし、22日と23日で配信URLが変わるため、URLの再生リスト内で、ライブ配信中の動画リンクをクリックするといいだろう。

詳細

イベントのウェブサイト https://dotou.tokyo/
関連情報