写真家ドアノー/音楽/パリ

アート
1/2
ロベール・ドアノー 《流しのピエレット・ドリオン》 1953年 ゼラチン・シルバー・プリント ©Atelier Robert Doisneau/Contact
2/2
ロベール・ドアノー 《セルフポートレート、ヴィルジュイフ》 1949年 ゼラチン・シルバー・プリント ©Atelier Robert Doisneau/Contact

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

雑踏の中で口づけする恋人たちの姿を捉えたモノクロ写真『パリ市庁舎前のキス』で知られる、フランスの国民的写真家ロベール・ドアノーの展覧会が、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催。パリの街角にあふれるシャンソンやジャズ、オペラなどの多様な音楽をモチーフに撮影された、ドアノー独自の音楽的感覚に富む約200点の作品が来日する

一晩中音楽が流れるパリ祭から、肉屋でアコーディオンを弾く飾り気のない日常風景まで。写真好きでなくても、音楽好きやパリの街を愛する人にはぜひ訪れてもらいたい。

※3月12日以降の夜間開館時間は変更となる可能性があるので、公式ウェブサイトを参照してほしい。

 

 

掲載日

詳細

関連情報