Rethinking Anonymous Design - 名前が消えるとき 展

アート
Rethinking Anonymous Design - 名前が消えるとき 展
Rethinking Anonymous Design - 名前が消えるとき 展

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

日常の量産品における匿名性や、作り人を知らないという意味である「アノニマス デザイン」。年代、作者名、メーカー名などは記載せず、20世紀の有名無名のモノを並列に配置し、「アノニマス デザイン」を再考する展覧会が開催する。

本展覧会で展示されるのは、福岡のインテリアデザイナー、永井敬二のコレクション約100点。声高な主張を控えた、てらいのない表情と形が与えられたモノが並ぶ。

情報や名前を消した状態で、モノの機能と形を平等の眼で見るとき、モノの認識はどのように変化するだろうか。デザインの本質について、考えてみては。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://atelier.muji.com/jp/exhibition/2274/
関連情報