疫病・たいさ〜ん!江戸の人々は病いとどう向き合ったか

アート
疫病・たいさ〜ん!江戸の人々は病いとどう向き合ったか
1/4
疫病・たいさ〜ん!江戸の人々は病いとどう向き合ったか
『肥後国海中の怪(アマビエの図)』 京都大学附属図書館所蔵
2/4
『肥後国海中の怪(アマビエの図)』 京都大学附属図書館所蔵
麻疹絵「毒だてやうじやう」(凸版印刷株式会社 印刷博物館蔵)
3/4
麻疹絵「毒だてやうじやう」(凸版印刷株式会社 印刷博物館蔵)
疱瘡袋(軽焼せんべい袋)のうち (吉德資料室 蔵)
4/4
疱瘡袋(軽焼せんべい袋)のうち (吉德資料室 蔵)

タイムアウトレビュー

アーツ千代田 3331で、江戸時代の「疫病退散」にまつわる表現を探る展覧会が開催。

新型コロナウイルスの感染拡大により日本では、疫病流行の予言と回避法を伝えたとされる江戸時代の妖怪、アマビエが社会現象になった。本展では、アマビエのルーツともいわれる「尼彦」の資料、人形や絵に表現された「魔除け」のモチーフやまじないなどを通じて、神仏へ祈る姿を一望する。

疫病の禍に立ち向かってきた江戸時代の人々から、現代にも生きる知恵を学べることができそうだ。

 

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://kanda.3331.jp/2021/
関連情報