石井則仁展「がらんどうの庭」

アート
石井則仁展『がらんどうの庭』
石井則仁展『がらんどうの庭』

タイムアウトレビュー

世界で活躍する舞踏家、⽯井則仁による『がらんどうの庭』が、ギャラリー シェル102で開催される。『がらんどうの庭』は、2016年に長野県松本市での公演を皮切りに継続して行われている企画。単なるギャラリー展示ではなく、「生と死、そしてその時間経過」をテーマとした空間美術作品の展示と、会場での毎夜異なるアーティストを迎えてのコラボレーション舞踏公演が両立しているのが特徴だ。

今回の石井の空間美術作品は、花のみで構成された圧巻のインスタレーション作品『天華』。一方、舞踏公演でコラボレーションするのは山崎円城、原知恵子、辻祐など6人。ほかにも、『がらんどうの庭』のコンセプトを共有したダンサーたちによる作品上演、ヴィヴィアン佐藤によるワークショップなど盛りだくさんの内容となっている。舞踏公演などはこちらから事前予約もできる。

期間中、展示以外のイベントは料金や開催時間など日程ごとに異なる。詳細は公式ウェブサイトを参照してほしい。 

詳細

イベントのウェブサイト http://shell102.com/garando/
関連情報