泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展 Ⅰ日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京

  • アート, 絵画
  1. 木島櫻谷《柳桜図》左隻 泉屋博古館東京
    木島櫻谷《柳桜図》左隻 泉屋博古館東京
  2. 木島櫻谷《柳桜図》右隻 1917年 泉屋博古館東京
    木島櫻谷《柳桜図》右隻 1917年 泉屋博古館東京
  3. 上島鳳山《十二ヶ月美人》の内《七月 七夕》1909年 泉屋博古館東京
    上島鳳山《十二ヶ月美人》の内《七月 七夕》1909年 泉屋博古館東京
  4. 山田秋坪《柘榴花白鸚鵡図》1920年 泉屋博古館東京
    山田秋坪《柘榴花白鸚鵡図》1920年 泉屋博古館東京
  5. 橋本雅邦《深山猛虎図》1890年頃 泉屋博古館東京
    橋本雅邦《深山猛虎図》1890年頃 泉屋博古館東京
広告

タイムアウトレビュー

住友コレクションをはじめとする多岐に渡る美術品を所蔵する泉屋博古館東京。2022年3月のリニューアルオープンを記念して、所蔵の日本画を披露する『日本画トライアングル ー画家たちの大阪・京都・東京』が開催される。

住友コレクションの中から大阪、京都、東京の三都で活躍した画家たちによるそれぞれのローカルカラーに富んだ作品が見どころ。さらに昨年末に修復が完了し表具も一新した橋本雅邦の作品、『深山猛虎図』も修復完成披露となり、美術とともに新しさを感じられる展示となりそうだ。

会期中は、『上島鳳山《十二ヶ月美人》徹底鑑賞』をはじめとする作品解説のワークショップや、座談会、展覧会に関するギャラリートークなども行われる。大都会の中の落ち着いた空間で日本の美を感じてみては。

※11〜18時(金曜は19時閉館)月曜休館(祝日の場合は翌平日)/入場は閉館の30分前まで/公式イベントページはこちら

詳細

イベントのウェブサイト
sen-oku.or.jp/program/20220319_nihongatriangle/
住所
広告
関連情報