MOA美術館

アート

タイムアウトレビュー

1982年開館の美術館。尾形光琳の『紅白梅図屏風』や『湯女図』、伝岩佐又兵衛勝以『山中常盤物語絵巻』などの日本美術史上重要な作品を数多く所蔵していることで知られる。特に『山中常盤物語絵巻』の毒々しくも豪華絢爛な色彩と描写は必見。

2017年2月にはリニューアルオープン。杉本博司と建築家の榊田倫之が主宰する新素材研究所が設計した展示スペースは、屋久杉や黒漆喰などの伝統的な素材を用いて、展示作品を最大限に生かす空間を作り出している。

掲載日

詳細

住所 静岡県熱海市桃山町26-2
Tokyo

アクセス JR『熱海』駅から東海バス『MOA美術館』行終点下車
価格 1,600円、学生1,000円、中学生以下無料
問い合わせ
営業時間 9時30分〜16時30分(入館は閉館の30分前まで)/定休日は木曜
関連情報
    最新ニュース