三菱一号館美術館

  • アート
  • 丸の内
  1. Mitsubishi Ichigokan Museum, Tokyo | Time Out Tokyo
    Photo: Mitsubishi Ichigokan Museum, Tokyo
  2. Mitsubishi Ichigokan Museum
    Mitsubishi Ichigokan Museum, Tokyo
広告

タイムアウトレビュー

2010年4月6日、東京丸の内に三菱一号館美術館が開館した。三菱一号館は、三菱が丸の内に建設した初めての西洋風オフィスビル。1894(明治27)年、開国して間もない日本政府が招聘(しょうへい)した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された。

当時は三菱合資会社の銀行部などが入りにぎわいを見せていたが、1968(昭和43)年に老朽化のため解体。その三菱一号館が40年余りの時を経て、コンドルの原設計にのっとって同じ地によみがえり、美術館として開館したのだ。全館に19世紀後半のイギリスで流行したクイーン・アン様式が用いられ、近代的なビルが建ち並ぶ丸の内で異彩を放っている。

この三菱一号館が目指すところは、主に、都心にある美術館として街歩きの拠点となることと、100年の歴史を未来に継承することで、今後、19世紀近代美術を中心とする展覧会を開催していく予定だ。

詳細

住所
東京都千代田区丸の内2-6-2
Tokyo
問い合わせ
mimt.jp
03-5777-8600
アクセス
東京メトロ千代田線『二重橋前〈丸の内〉』駅(出口1)徒歩3分/『東京』駅(丸の内南口)徒歩5分
営業時間
10時00分〜18時00分(祝日、振替休日除く金曜、第2水曜、展覧会会期中の最終週平日は21時まで )/入館は閉館の30分前まで
広告
関連情報