マリー・クワント展

  • アート
  • Bunkamura ザ・ミュージアム, 渋谷
マリー・クワント展
Photo:マリー・クワント展
広告

タイムアウトレビュー

デイジーのアイコンで有名なマリー・クワントの展示が、「Bunkamura ザ・ミュージアム」で開催。クワントは、1960年代のロンドンにおけるモードの先駆者で、そのデザインは当時の女性たちの服装を一変させた。

本展は、イギリスで40万人を動員した巡回展。「ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)」から来日する約100点の衣服を中心に、アクセサリーや小物、写真や雑誌など関連資料を展示。1955年から75年にかけてのクワントのデザイナーとしての側面のほかに、女性起業家のパイオニアとしての歩みもたどる。

2022年11月26日(土)からは、「Bunkamura ル・シネマ」で、クワントの実像に迫るドキュメンタリー「マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説」も上映される予定だ。併せて観ておきたい。

詳細

住所
Bunkamura ザ・ミュージアム
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 地下1階
Tokyo
アクセス
『渋谷』駅(ハチ公口)徒歩7分

イベント詳細

広告
関連情報