京の国宝ー守り伝える日本のたからー

  • アート
  1. 国宝 木造梵天坐像 平安時代 教王護国寺蔵(提供:便利堂)
    国宝 木造梵天坐像 平安時代 教王護国寺蔵(提供:便利堂)
  2. 国宝 明月記 自筆本のうち 正治二年正月二月記 鎌倉時代 冷泉家時雨亭文庫蔵
    国宝 明月記 自筆本のうち 正治二年正月二月記 鎌倉時代 冷泉家時雨亭文庫蔵
  3. 重要文化財 絹本著色五百羅漢図 南北朝時代 東福寺蔵 修理作業風景
    重要文化財 絹本著色五百羅漢図 南北朝時代 東福寺蔵 修理作業風景
広告

タイムアウトレビュー

※新型コロナウイルスの流行により、本イベントは開催中止となりました

古代から育まれてきた日本人の自然への畏敬の念や美意識等を通覧する展示が京都市京セラ美術館で開催。日本博として行われる本展では、絵画や彫刻、工芸から考古、歴史資料まで幅広い領域からの京都ゆかりの国宝と、京都に関係の深い皇室の名宝など約40点が展示される。

文化財の保存活用についても、文化財の修理材料の確保と修理技術の継承、模写など技術の復元に関する文化庁の取り組みを多言語で紹介する。

京都市京セラ美術館リニューアルオープンの記念展覧会である『京都の美術250年の夢』に併せての開催となる。名品を前にしながら、文化財の保存についても知ることができる貴重な機会は滅多にない。ぜひ訪れてみよう。

※新型コロナウイルスの影響により、臨時休館など情報が変わる可能性もあるため、事前に公式サイトを確認して足を運んでほしい。

詳細

イベントのウェブサイト
tsumugu.yomiuri.co.jp/miyako2020/
住所
問い合わせ
050-5542-8600
広告
関連情報