GINZA ART EXHIBITION:岩崎貴宏 Layer and Folding

アート 無料
1/2
2/2

銀座の蔦屋書店内にて、岩崎貴宏の個展が開催。歯ブラシやタオル、シャーペンの芯など、身近にあるありふれたものから、繊細で儚い風景を作り出し、第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館代表に選出された功績ももつ岩崎。本展は、車窓から見える鉄塔や架線といった郊外の風景を繊細に描いた「アウト・オブ・ディスオーダー(フレーム)」シリーズのほか、書籍の栞を解いて制作された「テクトニック・モデル」などで構成。スクラップ&ビルドを繰り返しながら煌めき続ける都市、東京を天上の視点から表現しており、儚くも美しい人間の生を感じさせる。書店では、個展開催を記念して、ストールや、描き下ろしデザインによるトートバッグなどのオリジナルグッズも販売予定。