あしたのために あしたのジョー!展

アート
世田谷文学館
1/3
世田谷文学館
世田谷文学館
2/3
世田谷文学館
世田谷文学館
3/3
世田谷文学館

タイムアウトレビュー

東京五輪(1964年)前後を時代背景とし、天涯孤独の主人公が、ボクシングを通して成長する姿を描く『あしたのジョー』。数々の名言とともに「魂のスポーツマンガ」を通して、情熱的に明日を生きる術を伝える展覧会が世田谷文学館で開催中。

『あしたのジョー』のストーリーを概観するエリアから、マンガ史上初となる登場人物の葬儀の様子や「丹下拳闘クラブ」の特設イメージコーナー、作者の高森城、ちばてつやが選ぶ名場面とメッセージを紹介する展示まで、七つの章から構成される。パワーがもらえる、今だからこそ行きたい展示だ。

掲載日

詳細

関連情報