アナザーエナジー展:挑戦しつづける力ー世界の女性アーティスト16人

  • アート
  1. アナザーエナジー
    フィリダ・バーロウ 《アンダーカバー2》 2020年 木材、合板、セメント、スクリム(布)、石膏、ポリウレタンフォーム、塗料、PVA(合成樹脂)、キャラコ、鉄 サイズ可変 Courtesy: Hauser & Wirth 展示風景:「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人」森美術館(東京)2021年撮影:古川裕也 画像提供:森美術館
  2. アナザーエナジー
    リリ・デュジュリー 展示風景:「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人」森美術館(東京)2021年撮影:古川裕也 画像提供:森美術館
  3. アナザーエナジー
    アンナ・ベラ・ガイゲル  《アートの社会空間》 1977年 タイプライティング、フォト・シルクスクリーン印刷、紙 32.4×44.3 cm
  4. アナザーエナジー
    ミリアム・カーン 《美しいブルー》 2017年5月13日 油彩、キャンバス 200×195 cm 所蔵:ワコウ・ワークス・オブ・アート(東京)Daniel Martinek Photography
  5. アナザーエナジー
    三島喜美代 《作品 92-N》 1990-1992年 陶にシルクスクリーン印刷 227×490×390 cm撮影:小川重雄  画像提供:美術資料センター(東京)
広告

タイムアウトレビュー

世界各地で50年以上制作を続けている女性アーティストたちにフォーカスした展覧会が森美術館で開催される。参加アーティストはミリアム・カーン、リリ・デュジュリー、三島喜美代ら16人で、全員70代以上、最高齢はなんと106歳だ。

会場には作品解説とともに作家のインタビュー映像も上映。彼女たちが現在注目を浴びているのは、その実践や人生の中にフェミニズム、移民の歴史などの問題や数々の事象が見えてくるからだけではない。そうした背景が見えるようになっているのは、アートマーケットや時代の変化にとらわれることなく、彼女たちが独自の創作活動を続けてきたからこそ。その作品や言葉から、挑戦し続けることの大切さを学び取ってみてほしい。

関連記事
キャリア50年以上、女性アーティストたちの展示が森美術館で開催中

詳細

広告
関連情報