ACT (Artists Contemporary TOKAS) 「停滞フィールド」

アート
1/3
2/3
3/3

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

※新型コロナウイルスの流行により、本イベントは開催延期となりました(3月15日まで)

注目すべき活動を行うアーティストを紹介するACT (Artists Contemporary TOKAS)が、企画展『停滞フィールド』を開催。本展には、目の前の光景をその時に得た感覚で描く田中秀介、日常的に見るものを変化させた作品を制作するドイツ在住の2人組アーティスト広瀬菜々&永谷一馬、風景や身の回りのものを3DCGで再現する渡辺豪の3組のアーティストが参加それぞれのアーティストが表現する、時間を停止したり、停滞した時に生じるズレや歪みを、見て感じ取ることができるだろう。

せわしない現代社会で生きる中、面白い何かが見えてきそうだ。

掲載日

詳細

関連情報
    最新ニュース