2018年のフランケンシュタイン バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま展

アート, コンテンポラリーアート
フランケンシュタイン
1/2
ディムット・ストレーブ 「sugababe」- 2014
フランケンシュタイン
2/2
ティナ・ゴヤンク 「Pure Human」- 2016

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

バイオテクノロジーや生物を使った芸術潮流「バイオアート」作品の展示会。生物の断片をつなぎ合わせて生み出した怪物を描いたSF小説『フランケンシュタイン』から提起された問題を、今日のものとして再考し、生死の倫理や哲学を問う内容となっている。

展示は「蘇生」「人新世」「生政治」の3章から構成され、バイオアートの騎手として注目される国内外のアーティストの作品が中心。ドイツのディムット・ストレーブによる、1890年に自殺したと言われるゴッホのDNAから左耳を再生した作品の写真などが並ぶ。

 

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://gyre-omotesando.com/artandgallery
イベントの電話番号 03-3498-6990
関連情報