~生誕200年記念~幕末の北方探検家 松浦武四郎展

アート, 古典
松浦四郎
1/2
松浦四郎
2/2

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

「北海道の名付け親」として名高い松浦武四郎(まつうら・たけしろう)の生誕200年を記念した展覧会。時の蝦夷地(えぞち)を6度探査して詳細な地図を作成した武四郎は、考古遺物のコレクタ-としても知られ、静嘉堂文庫には彼が収集した古物資料約900点が保存されている。北海道命名150年でもある2018年に開催される本展では、当時の北方に関する資料と、武四郎による古物コレクションとをあわせて展覧する。

詳細

関連情報