黒田記念館

アート 上野

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間が異なる場合もあるため、公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

日本近代洋画の代表的な画家、黒田清輝が没する際、遺産の一部を美術奨励事業に当てるようにとの遺言を受けて1928年に落成した。館内には、黒田を顕彰する黒田記念室が設けられているほか、代表作の『読書』(1891年)、『舞妓』(1893年)、『智・感・情』(1899年)、『湖畔』(1897年)は新年、春、秋に各2週間、公開される。

2000年には美術館建築(岡田信一郎設計)を創建当初の姿に復元するため、2階部分を中心に改修、2001年9月に開館し、2002年には登録有形文化財に指定された。

上島珈琲店が併設されており、作品観賞後にはコーヒーや軽食を楽しむこともできる。

掲載日

詳細

住所 東京都台東区上野公園13-9
Tokyo

アクセス JR『上野』駅(公園口) 徒歩15分
価格 入館無料
問い合わせ
営業時間 9時30分〜17時00分(入館は閉館の30分前まで)/休館日は月曜(祝日の場合は翌日)
関連情報
    最新ニュース