静かに狂う眼差し-現代美術覚書

アート
0 Love It
保存する
静かに狂う眼差し-現代美術覚書
1/3
静かに狂う眼差し-現代美術覚書
2/3
静かに狂う眼差し-現代美術覚書
3/3

美術史家で美術批評家の林道郎による手引きで、DIC川村記念美術館の現代美術コレクションを鑑賞できる展覧会。『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない』(ART TRACE)の中でも、サイ・トゥオンブリー(Cy Twombly)や中西夏之らについて詳細に論じている林は、これらの作家の作品を所蔵する同館の案内役にはまさにうってつけだ。「密室と絵画:静かに狂う眼差し」、「筆触のざわめき:手の(無)人称」などといった興味をそそる4つのキーワードを通して、現代アートへの理解を深められる展覧会となっている。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening