谷崎潤一郎文学の着物を見る

アート

タイムアウトレビュー

谷根千にある弥生美術館にて、小説家谷崎潤一郎の世界観を感じられる展示が開催。展示では、谷崎の代表作『細雪』、『痴人の愛』、『春琴抄』、『蓼喰う虫』などを、文章やモデルになった姉妹の写真をもとに、着物を再現する。着物のセレクトと着付けは、アンティーク着物のコーディネーター大野らふが担当した。今年で生誕130年になる谷崎の世界を覗きに行こう。

掲載日

詳細

関連情報