親と子のギャラリー 日本のよろい!

アート
1/4
紫裾濃威筋兜 Sujikabuto Style Helmet, With purple lacing in gradation, Edo period, 18th century
2/4
仁王胴具足 Gusoku Type Armor, Nio guardian figure design, Azuchi-Momoyama period, 16th century
3/4
Illustration: MUSHANOKOJI Akiko
4/4

タイムアウトレビュー

In association with Tokyo National Museum

東京国立博物館にて、「日本のよろい(甲冑)」に関する親子向けの展示が開催。そもそもよろいは、武士の身を守ることを主な目的とした武具だが、戦場での活躍をアピールすることにも一役買っていた。同展では、細やかな細工や奇抜な形のデザインのよろいを展示するほか、よろいの部品や作られ方についても掘り下げる。また、7月19日〜8月31日の金、土曜と8月4日には、『よろい着用体験』を実施。各日22名限定、料金は1,000円となる(入館料は別途)。今年の夏休みは親子で侍の世界を探求してみてはいかがだろう。

掲載日

詳細

関連情報