華道家 片桐功敦 写真展 SACRIFICE〜福島第一原発30km圏内の花たちが語る言葉〜

アート, 写真
華道家 片桐功敦 写真展 SACRIFICE〜福島第一原発30km圏内の花たちが語る言葉〜
1/2
華道家 片桐功敦 写真展 SACRIFICE〜福島第一原発30km圏内の花たちが語る言葉〜
2/2

渋谷ヒカリエで展開される、日本の美術シーンを新しい視点で切り開く『Hikarie Contemporary Art Eyeシリーズ』の第6回。華道家の片桐功敦による福島でのプロジェクトが紹介される。同プロジェクトは、震災から3年目の2013年夏に「ミズアオイ」という、以前は絶滅が危惧されていた花が、福島県南相馬市沿岸部の津波の跡地に咲き乱れたという現象に端を発している。本展では、『Sacrifice〜未来に捧ぐ、再生のいけばな〜』(青幻舎刊)としてもまとめられた、南相馬に長期滞在して制作した作品を収めた写真が展観される。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening