荒井良二個展 きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

アート
荒井良二個展 きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ
1/3
©荒井良二
荒井良二個展 きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ
2/3
©荒井良二
荒井良二個展 きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ
3/3
©荒井良二

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

世界的な絵本作家である荒井良二の個展が、久々に東京都内で開催されている。荒井といえば「絵本の世界のノーベル賞」といわれるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人で初めて受賞したほか、国内外で数々の絵本の賞を受賞している絵本作家だ。

実に3年ぶりとなる新作『きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ』が発売、同作は日常の中にある「おめでとう」を題材に、その先にある「ありがとう」という感謝の気持ちが呼び覚まされるような「気づき」を、荒井ならではの視点で描いている。個展ではこの新作をテーマにした約30点におよぶ作品が展示。荒井ワールド全開の空間を楽しもう。

掲載日

詳細

関連情報