茶の湯

アート
古銅象耳花生
1/4
国宝 紅白芙蓉図
2/4
国宝 紅白芙蓉図
3/4
天目
4/4

茶の文化を日本で初めて美術として紹介したのは、1980年に東京国立博物館で開催された『茶の美術展』だった。それから37年たった2017年、21世紀の新たな視点で捉えられた茶の湯文化の展覧会が、同地で開催される。何世紀もの時を経て、数寄者たちによって文化へと昇華した茶の湯だが、昨今の抹茶ブームやクールジャパンなど様々な形で受容されながら、何世紀にもわたるその歴史を振り返る機会は、これまであまりなかったように思う。同展では、室町時代から近代まで、足利将軍家から戦国武将、千利休、そして近代の数寄者たちが所有した、国宝級の名碗が一堂に会す。茶器などを通して、茶の文化の魅力に迫る展覧会にぜひ足を運びたい。

掲載日

イベントのウェブサイト http://chanoyu2017.jp
LiveReviews|0
1 person listening