至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

アート
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

スイスにある美術館、ビュールレコレクションの印象派絵画を集めた展覧会。チューリッヒ湖を望む丘に位置する同館には、武器商人エミール・ゲオルク・ビュールレ(Emil Georg Bührle)がコレクションした数々の印象派の名作が所蔵されている。2008年に起こった、ポール・セザンヌ(Paul Cézanne)の『赤いチョッキの少年』を含む4点の絵画の盗難事件を受け、2020年にはチューリッヒ美術館に全コレクションが移管されることになっている。本展では、2012年に発見された同作をはじめ、印象派、ポスト印象派の傑作が揃う。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening