羽田野麻吏「書物のみる夢」展

アート, 工芸
羽田野麻吏「書物のみる夢」展

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

製本家、羽田野麻吏(はたの・まり)の展覧会。武蔵野美術大学にて舞台美術を専攻した羽田野だが、卒業後、日本における手製本の大家、栃折久美子(とちおり・くみこ)の名を冠した「栃折久美子ルリユール工房」エコルプログラムにて製本工芸を学ぶ。2003年にはアトリエ・コリルスを立ち上げ、注文制作や製本教室を行うかたわら、作家としても手仕事による美しい書物や、活字を使用したオブジェなどを発表してきた。本展では、新作のルリユール作品13点に加え、鉛の活字を使用したオブジェ作品13点を展示する

詳細

関連情報