終わりのむこうへ : 廃墟の美術史

アート
1/2
元田久治《Indication: Shibuya Center Town》 2005 年 リトグラフ 作家蔵
2/2
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ『ローマの古代遺跡』(第2巻Ⅱ)より;古代アッピア街道とアルデアティーナ街道の交差点 1756 年刊 エッチング 町田市立国際版画美術館

タイムアウトレビュー

渋谷の松濤美術館にて、「廃墟」をテーマにした展覧会が開催。現代でも「廃墟萌え」などと言われ、「工場」と並んでマニアックな人気を集める廃墟だが、西洋美術のなかでも、風景画の一角に繰り返し描かれてきた。とりわけ、18世紀フランスを代表する画家、ユベール・ロベール(Hubert Robert)は、「廃墟のロベール」とも呼ばれ高い人気を誇った。本展では、ロベールはもちろん、ポール・デルヴォー(Paul Delvaux)や藤島武二(ふじしま・たけじ)、大岩オスカールなど、古今東西の作品を集め、「廃墟の美術史」をたどる。著書に『廃墟の美学』などのある美学者、谷川渥(たにがわ・あつし)の講演会も予定されている。

詳細

イベントのウェブサイト http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/181haikyo/
関連情報