紫幹翠葉 百年の杜のアート

アート
紫幹翠葉 百年の杜のアート
紫幹翠葉 百年の杜のアート

タイムアウトレビュー

現代アーティストたちが、明治神宮とその鎮守の森に思いを寄せて作り上げた作品が楽しめる展覧会が開催される。

会場となるのは、デザイナーの隈研吾によって設計された明治神宮ミュージアム。タイトルの『紫幹翠葉』は、紫の木の幹、緑の木の葉という意味から、景色が青々としていて美しい様子を表す。本展では、実力と才能を兼ね備えた40人の現代アーティストが自然への畏怖と尊敬を込めて制作した、掛け軸、びょうぶ、扇面などを展示。日本古来の様式で表現された芸術を鑑賞してみては。

 

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://jingu-artfest.jp/
関連情報
    最新ニュース