竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス

アート
Takeuchi Seiho’s Tabby Cat and an Animal Paradise
Takeuchi Seiho, Tabby Cat [Important Cultural Property], Yamatane Museum of Art Takeuchi Seiho’s Tabby Cat and an Animal Paradise

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

竹内栖鳳(たけうち・せいほう)の『班猫』(重要文化財)を中心に、近現代の日本画家が手がけた動物をテーマにした展覧会が山種美術館で開催。

近代京都画壇をけん引した日本画家、竹内栖鳳はその描写力から動物画の名手として高く評価され、1924(大正13)年制作の『班猫』は画家の代表作として知られている。静岡県沼津の八百屋で偶然出会った猫の姿に北宋の皇帝、徽宗が描いたとされる『猫図』の猫を重ねて丹念に観察、本作品を制作させたという話はよく知られている。

本展ではこの『班猫』など動物を描いた竹内の作品17点のほか、橋本関雪、上村松篁(うえむら・しょうこう)、さらに東京画壇を代表する小林古径らの動物画を一堂に展示する。

また、会期中は併設展示として、昭和から平成にかけて活躍した歴史画の第一人者、守屋多々志(もりや・ただし)による『西教伝来絵巻』も特別公開。同作品は2019年11月のローマ教皇来日を記念してバチカンに献呈されるもので、献呈前に日本初公開となる。

『班猫』はモデルとなった猫と比べると、その目つきやしぐさなどが似ており、大変愛おしい。愛らしい動物を見て優しい気持ちになってみては。

詳細

イベントのウェブサイト https://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html
関連情報
    最新ニュース