福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ

アート, 絵画
福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ
福沢一郎《煽動者》1931 年 一般財団法人福沢一郎記念美術財団蔵

タイムアウトレビュー

2018年に生誕120年を迎えた日本の洋画家、福沢一郎(ふくざわ・いちろう)の展覧会。1924年から31年までパリに留学した福沢は、フランスのシュルレアリスムをいち早く日本に紹介したことでも知られている。前衛美術運動のリーダーとして活躍し、生涯を通じて社会批評を作品として表現し続けた作家だ。戦時中は弾圧を受けるも、戦後は再び制作活動に取り組み、晩年には文化勲章も受章している。本展では、油彩87点、素描9点、写真7点の計103点の作品により、多彩な福沢の活動を振り返る。

詳細

イベントのウェブサイト http://www.momat.go.jp/am/exhibition/fukuzawa/
関連情報