生誕130年記念 奥村土牛 [山種美術館 広尾開館10周年記念特別展]

アート
生誕130年記念 奥村土牛
奥村土牛《吉野》1977(昭和52)年 紙本・彩色 山種美術館

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

日本画の名品を多数コレクションする山種美術館が、広尾移転オープン10周年を記念して、奥村土牛(おくむら・とぎゅう)の展覧会を開催。1966年、日本初の日本画専門美術館として、同館は東京・日本橋兜町に開館した。創立者の山﨑種二(やまざき・たねじ)は「絵は人柄である」と、積極的に画家との親交を深めたが、なかでも土牛とは親しく、無名時代から交流を続け、135点にも及ぶ屈指の土牛コレクションを同館が所蔵するに至った。本展では、瀬戸内海の鳴門の渦潮を描いた《鳴門》(山種美術館蔵)をはじめ、厳選した名品約60点を展示する。生誕130年にも当たる今年、101歳で亡くなるまで絵筆をとり続けた土牛の画業を振り返りたい。

詳細

イベントのウェブサイト http://www.yamatane-museum.jp/
関連情報