琳派展 ーひきつがれる装飾と簡素の美ー

  • アート
  1. 琳派展 ― ひきつがれる装飾と簡素の美 ―
    琳派展 ― ひきつがれる装飾と簡素の美 ―
  2. 尾形乾山『桜図』
    尾形乾山『桜図』
  3. 神坂雪佳『文庫箱 硯箱』
    神坂雪佳『文庫箱 硯箱』
広告

タイムアウトレビュー

俵屋宗達から始まった日本画の系譜である琳派の魅力を味わえる展覧会が開催。約400年にわたって受け継がれてきた、卓越したデザインセンスと画技が光る作品25点を展示販売する。

本展では江戸琳派の代表的な絵師、鈴木其一による『立雛図』、酒井抱一による『秋草之図』など、琳派の特徴である華やかな色使いや洗練された構図が際立つ作品が登場。そのほか、尾形乾山による『桜図』、中村芳中による『托鉢図』などの水墨画にもスポットが当てられる。日本美術に大きな影響を与えてきた琳派の美しさを堪能しよう。

詳細

イベントのウェブサイト
www.kashima-arts.co.jp/exhibitions/rinpa/
住所
広告
関連情報