琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術

アート
1/5
俵屋宗達《風神雷神図屛風》江戸時代 17世紀 建仁寺蔵(国宝) (後期のみ展示:2020年12月22日[火]ー2021年1月24日[日])
2/5
ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃 石橋財団アーティゾン美術館蔵
3/5
伝俵屋宗達《伊勢物語図色紙 彦星》江戸時代 石橋財団アーティゾン美術館蔵
4/5
ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》1876年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
5/5
俵屋宗達《舞楽図屛風》江戸時代 17 世紀 醍醐寺蔵(重要文化財)(前期のみ展示:2020 年11 月14 日[土]ー12 月20 日[日])

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

琳派、印象派のファンは観るべき展覧会が、アーティゾン美術館で開催される。

京都の町人文化として生まれた琳派は、19世紀初めに「将軍のお膝元」である江戸(東京)に引き継がれた、装飾性やデザイン性の高い都市の美術であった。一方でヨーロッパでは、19世紀後半のパリを中心にモネやルノワール、セザンヌらによる、現実の生活や自然の情景を感じたままに描く芸術活動として、印象派が誕生した。

本展では「都市文化」をキーワードに、日本とヨーロッパの大都市ならではの洗練された美意識の到達点を比較し、その全貌を見渡す。日本美術史上に輝く名作、俵屋宗達『風神雷神図屛風』(国宝)(後期のみ展示、2021年1月24(日)まで)をはじめ、巨匠たちが残した美の軌跡と傑作の数々が展示されるので、見逃さないでほしい。

掲載日

詳細

関連情報