河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

アート
河鍋暁斎 その手に描けぬものなし
鳥獣戯画 猫又と狸 河鍋暁斎 一面 19世紀 河鍋暁斎記念美術館  ※展示替えあり

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

六本木の東京ミッドタウンにあるサントリー美術館にて開催されている、河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)の展覧会。幕末から明治にかけて活躍した暁斎は、変幻自在の画風で知られ、当時から売れっ子の絵師だった。近代化の進む日本では次第に忘れられるが、2000年ごろから回顧展が頻繁に開かれ、今では日本絵画史を代表する画家の一人として再評価されている。暁斎は、はじめ歌川国芳(うたがわ・くによし)に入門し、その後、画壇の中心ともいうべき狩野派の絵師に師事するなど、様々な流派や画風を吸収していった。本展では、「狩野派絵師」としての活動と、「古画学習」を大きな軸としながら、幕末明治の動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望する。

詳細

関連情報