没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

アート
没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

エコールドパリを代表する画家、藤田嗣治(ふじた・つぐはる)の作品から、挿絵本など「本の仕事」に注目した展覧会。1913年にパリに渡った藤田は、1919年に初めて挿絵本を手がけたのを皮切りに、1920年代には30冊以上の挿絵本に携わっている。この膨大な仕事量は、当時のヨーロッパにおける挿絵本の隆盛を示すとともに、フランスでの藤田の人気を反映したものとも言えるだろう。本展では、フランスでの挿絵本や、日本での出版の仕事を中心に、藤田の幅広い創作活動を紹介する。

掲載日

イベントのウェブサイト http://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414
LiveReviews|0
1 person listening