没後50年 藤田嗣治展

アート
没後50年 藤田嗣治展

画家、藤田嗣治(ふじた・つぐはる)の没後50年を記念した大回顧展。「乳白色の下地」の裸婦像などで脚光を浴び、エコールドパリの寵児(ちょうじ)となった藤田は、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得した。本展では、日本はもとより、フランスを中心とした欧米の主要な美術館の協力を得て、藤田芸術の全貌(ぜんぼう)を展覧する。

掲載日

イベントのウェブサイト http://foujita2018.jp/
LiveReviews|0
1 person listening