江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀

アート, 古典
江戸絵画

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

「文雅」をキーワードに、18世紀江戸絵画を読み解く展覧会。一般に文雅とは、文芸に親しむ風雅の道を指す。史上最大の繁栄を遂げた18世紀の日本では、人口100万を誇る江戸をはじめ、大坂や京都も大きく発展。円熟した都市文化を背景に、浮世絵など新たな絵画が生み出された。その一方で「文人画」の巨匠たち、池大雅(いけの・たいが)や与謝蕪村(よさ・ぶそん)らが現れたのも、この時代だった。本展では、多様な表現を見せる18世紀の江戸絵画の数々を紹介する。出光美術館らしい、詳細な解説にも期待したい。

詳細

イベントのウェブサイト http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/schedule/
関連情報