江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー

アート
江戸の園芸熱
1/2
流行菊花揃 歌川芳虎 個人蔵
江戸の園芸熱
2/2
植木売りと役者 歌川国房 たばこと塩の博物館蔵

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

たばこと塩の博物館にて、約200点の浮世絵を通して江戸時代の庶民の草花への愛を紹介する『江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー』展が開催されている。江戸時代、花の名所は今よりも数多くあり、花の名所を訪れることは、人々にとって何よりの娯楽だった。また、18世紀半ばに植木鉢が普及すると、草花は人々にとってより身近なものとなり、花弁などを変化させた朝顔や菊細工といった多様な園芸が流行する。本展では、江戸の人々の草花への愛、そして「園芸熱」を、前後期合わせて約200点の浮世絵を通して紹介する。

詳細

関連情報