森山大道 「Silkscreen」

アート
1/2
2/2

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

「写真とはなにか」を問い、「アレ・ブレ・ボケ」と呼ばれる表現で知られる、森山大道の個展がタカ・イシイギャラリーで3年ぶりに開催。

本展では、2013年に制作された大判のシルクスクリーン(絹など織り目の細かいスクリーンを通して、直接インクや絵の具を刷る技法)を中心に、6点を展示する。

ふっと気が変わると、写真を離れて急にシルクスクリーンとか何かやりたくなる」とも語る森山のシルクスクリーンは、大判で重厚な美しさとともに、どこか飄々(ひょうひょう)としてもいる。

写真界に常に新鮮な衝撃を与え続ける森山の作品は、いろいろな写真の表現に慣れている我々にとっても必見だ。

 

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://www.takaishiigallery.com/jp/archives/21255/
関連情報
    最新ニュース