梅田哲也 イン 別府

アート
1/3
Photo: Yuko AMANO
2/3
Photo: Yuko AMANO
3/3
Photo: Yuko AMANO

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

毎年、国際的に活躍する1組のアーティストを別府に迎え、地域性を生かしたアートプロジェクトを実現する個展形式の芸術祭『in BEPPU』。2016年は目、2017年は西野達、2018年はアニッシュ・カプーア、2019年は関口光太郎を招き開催してきた。

5回目となる今年は、音楽や美術、舞台芸術など、さまざまな分野を横断しながら活躍している梅田哲也を招聘(しょうへい)。『梅田哲也 イン 別府』として、別府市内の各所を舞台に開催する。

『梅田哲也 イン 別府』で楽しめるのは『O滞』という作品。地図とラジオ(音声)を手がかりに、市内の数カ所を回遊する体験型の作品で、別府ならではの空間だけでなく、普段は人が立ち入らないような場所も会場になるのだそうだ。参加費用は無料。

また、同会場を舞台にした映画作品『O滞』も、別府ブルーバード会館3階のフレックスホールで公開されるので、ぜひ併せてチェックしてほしい(上映時間は日によって異なる。詳細は公式ウェブサイトをチェック)。

期間中は、作品の断片や関連イベントのオンライン配信も実施される。決して無理はせず、現地に行けない人はぜひ自宅で楽しんでほしい。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://inbeppu.com/
関連情報