梅沢和木 × TAKU OBATA 超えてゆく風景

アート, コンテンポラリーアート
超えてゆく風景
1/2
超えてゆく風景
2/2

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

神宮前のワタリウム美術館にて、梅沢和木(うめざわ・かずき)とTAKU OBATA(小畑多丘)の展覧会が開催されている。梅沢は、インターネット上の画像をコラージュした作品で知られ、アニメ『らき☆すた』のイメージを使用した作品は特に大きな話題を呼んだ。一方の「B-BOY彫刻家」ことTAKU OBATAは、コンピューターグラフィックスを想起させる形状をした木彫の人物像で、国内外から高い評価を得ている。ともに2000年以降に活動を始めた2人の作品から、新世紀の時代精神を感じ取ってほしい。

詳細

関連情報