柴田祐輔 個展「続・公共と自由」

アート 無料

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

WAITINGROOMの2017年最初の展覧会は、福岡県出身の柴田祐輔の個展。同展は、2016年の夏に吉祥寺のArt Center Ongoingで開催された『公共と自由』の続きにあたる。社会を生きる我々が共有しているとされる「公共空間」と、路上の「ゴミ」を取り巻くカオスから、そこに立ち上がる風景の可能性を模索した、写真を中心としたインスタレーション作品を展示する。

掲載日

詳細

関連情報