月岡芳年 血と妖艶

アート 太田記念美術館 , 原宿 2020年10月4日 まで
1/4
月岡芳年『風俗三十二相 いたさう』(太田記念美術館蔵)前期展示
2/4
月岡芳年『月百姿 吼噦』(太田記念美術館蔵)後期展示
3/4
月岡芳年『和漢百物語 不破伴作』(太田記念美術館蔵)前期展示
4/4
月岡芳年『英名二十八衆句 因果小僧六之助』(太田記念美術館蔵)後期展示

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

月岡芳年の作品を「血」「妖艶」「闇」というキーワードから掘り下げる展示が、太田記念美術館で開催。

芳年は残酷な殺害シーンや死骸を描いた「血みどろ絵(無惨絵)」と通称されるジャンルを手がけ、その代表作『英名二十八衆句』全14点のほか、「東錦浮世稿談(あずまのはなうきよこうだん)」や「魁題百撰相(かいだいひゃくせんそう)」などを紹介する。

「妖艶」では、そこはかとなく妖しげな美人が登場する代表作『風俗三十二相』、「闇」からは月にまつわる歴史や物語を描いた『月百姿』や妖怪を題材とした『和漢百物語』が選ばれている。

見どころは「浮世絵史上、最も残酷な一枚」と銘打って展示される『奥州安達がはらひとつ家の図』。妊婦を逆さづりにして腹を裂こうとする老婆の姿を描いたものだが、近づいて見ると、単に残忍さを強調するのではなく、衣装などにも技法を凝らした作品であることに気づかされるだろう。

会期中、前後期で全点展示替えなので気をつけておきたい。前期は8月1日(土)〜30日(日)、後期は9月4日(金)〜10月4日(日)。

詳細

ヴェニュー名 太田記念美術館
住所 東京都渋谷区神宮前1-10-10
Tokyo

アクセス JR山手線『原宿』駅 徒歩5分/東京メトロ千代田線・副都心線『明治神宮前』駅(出口5) 徒歩3分

イベント詳細

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

    • 太田記念美術館 800円、学生600円、中学生以下無料

      10時30分〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)

  • もっとみる
関連情報
    最新ニュース