日本画の教科書 京都編 ―栖鳳、松園から竹喬、平八郎へ―

アート
日本画の教科書 京都編 ―栖鳳、松園から竹喬、平八郎へ―

2016年で開館50周年を迎えた山種美術館の記念企画展。山種コレクションを代表する日本画を厳選し、近代日本美術史を語るうえで欠かせない、名画ばかりを取り揃えた「日本画の教科書」とも呼べる特別展が、京都画壇、続く次回展では東京画壇と、計2回に分けて開催される。本展では、京都画壇を代表する竹内栖鳳、上村松園、小野竹喬、福田平八郎、山口華楊、上村松篁などの作品をはじめ、重要文化財を含む約60点が展示される。また、着物で訪れると入館料が割引になるキャンペーンが行われている。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening